しおり

雪遊びに必要な装備

雪のかまくら作り体験にどんな装備が必要か?

絶対に必要なものは(1)手袋、(2)長靴、(3)カッパorスキーウェアの3点。

あると便利なものは(4)帽子、(5)着替え、(6)タオル。

以下、説明します。



 

(1)手袋

まず軍手は絶対ダメです。濡れると素手より冷たいです。

お子様にはスキー用のこういうのがベスト。1500円くらい。

スキーグローブを選ぶときに重要なのは防水性より着脱性です。

「お母さん、手袋はずしてー!」

と毎回言われるのが面倒くさいからです。

 

大人の方は自転車に乗る時の手袋でOK。

激しく雪合戦をするとちょっぴり冷たいかもしれませんが、スコップを使う「かまくら作り」なら全然大丈夫です。防水ならなお良し。下のタイプで1500円くらいです。

 

とにかく軍手位以外の手袋ならだいたいOK。普段、雨の日に使っている手袋をお持ちならそれで十分です。

実はキッチン用のゴム手袋もOKです。

軍手の上に重ねてキッチン用手袋をすれば全然濡れません。

ただちょっと脱ぎ着が面倒でスマホで写真を撮る時に不便です。暖かいのは暖かいです。

 

(2) 長靴

最重要項目は長靴選びです。

絶対ダメなのが下のタイプです。

ゴム長靴がダメなんじゃありません。履き口が締まらないことがダメなのです。

靴の素材は何でもOK。必要なのは履き口を締められること

靴の中に雪が入らないようにするためです。会場はいつも50cm以上雪が積もっています。20~30cmの高さの長靴には必ず雪が入ってきます。

 

履き口が締まる長靴とは以下の2タイプ。

マジックテープで締めるタイプより「ひも」で締めるタイプのほうが私は好きです。

マジックテープも悪くありません。既にお持ちならそれで十分です。脱ぎ履きはこっちのがラクです。

履き口が締まらないと雪は必ず靴の中に入ってきます。

 

(3)カッパorスキーウェア

服装は雨カッパでOKです。下のカッパは4000円。

上下のカッパをお持ちならそれで十分です。上だけ下だけではダメです。上下二つとも必要。

中に色々着て最後にカッパ上下を着ればそり滑りも雪合戦もOKです。

ただしカッパの場合は必ず「防水タイプ」のものを選びましょう。

世間では「撥水タイプ」のカッパも売られています。これはコンパクトに折りたためてカバンに入れやすいからです。

でもあくまで撥水のカッパは急な雨をしのぐためのもの。長期使用には適しません。

カッパは必ず防水のものにしてください。

 

下のような「ポンチョ」は絶対ダメです。

かわいくて持ち運びも便利ですが、撥水仕様で隙間も多く、雪遊びをすると必ずびしょ濡れになります

 

スキーウェアをお持ちならスキーウェアがベストです。

スキーウェアは最強です。何をしても濡れません。新雪に向かってダイビングする「大の字遊び」をしても全然濡れません。

スキーウェアのデメリットは「値段が高いこと」と「普段使いができない」こと。

上下で1万円くらいしますので、かまくらツアーのためだけに買うのは勿体ないです。

カッパは普段使いもできて4000円くらいです。カッパで十分です。

 

(4)帽子

帽子は何でもいいです。耳が隠れる帽子は暖かいです。

毛糸の帽子や野球帽もOK。カッパにフードがついていればそれでもOK。

最悪「帽子なし」でも遊べますが、ないよりはあったほうが良いです。

 

(5)着替え

雪遊びのベテランは着替えなしでOK。初めての方はないよりもあったほうが良いです。

特にお子さんには下着や靴下を用意してあげると良いでしょう。

長靴の中に雪が入ると靴下は何足あっても足りません。長靴選びは最重要です。

(2)履き口の締まる長靴と(3)防水カッパorスキーウェアをお持ちの方は「靴下1足」あれば着替えは要らないくらいです。心配しすぎて色々用意すると荷物が大きくなりすぎますよ。

どうしてもご心配な方やマイカーでお越しの方は着替えをたくさんお持ちください。

 

(6)タオル

着替えを減らしたい方はタオルを1人2枚くらい用意すれば着替えを節約できます。

濡れた服を乾いたタオルで拭くのです。いきなりストーブだけで乾かすよりも遙かに乾くのが早くなりますから。

 

以上です。記事トップに戻る。

広告

-しおり

Copyright© 雪のかまくら作り体験 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.