赤白棒

更新日:


 運動会でかぶる帽子は「赤白帽」。

 じゃなくって、今回は「赤白棒」の写真です。

 お客さんを連れて、田舎をご案内をする時に私は、

 谷あいの峠に差し掛かると、
 「ハイ、ここのカーブを曲がると携帯電話は『圏外』になりますよ~」

 車で移動しているときは、
 「ハイ、ここが最後のコンビニですよ~。この先にもう売店はないですよ~」

 とか言って、村の中をご案内させていただいております。

 で、山間部の集落に行ったら、こういうクイズを出します。
 「この赤と白の棒は何のためにあるのでしょうか?」

 このクイズは主に春や夏時期のネタにしております。

 なぜなら正解は「積雪時の道路の両端を示す棒」だからです。

 積雪量の多い山間部などで、よく見かけます。

 雪が積もると、ガードレールや歩道が雪に埋もれて見えなくなるので、この赤白棒が道路の端っこの目印になるというわけです。

 降雪量によって、赤白棒の高さも違います。
 地域によっては高さ3mほどの赤白棒もありますし、さらに北海道では、こんな棒じゃ間に合わないので、電柱や街灯のてっぺんから下の道路を指差すように表示されています。

 来月になれば、またこの棒が活躍する時期がやって来るのでしょうね。

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.