少人数のエコツアーについて

更新日:

 たいへん参考になるコラムを拝見しましたので、TBさせていただきました。
 当店も少人数の体験旅行を専門的に取り扱っておりますが、やはり経営は苦しいものです。

 正直、ギュウギュウ詰めの観光バスで定番の観光コースを巡り、大型旅館にドカーンと宿泊してもらうツアーが一番ラクですし利益も出せます。
 しかし、このスタイルの観光ツアーに未来が無いことも周知の事実。

 団体ツアーから個人の自由旅行への流れは、今後も確実に加速してゆくことでしょう。
 そこで私もコラム3/3にありますように、地元の中小企業や金融機関との連携が重要だと思いますし、「旅行代理店=観光だけ」という常識も捨ててかかる必要があると感じています。多様化する個人の余暇の過ごし方をトータル的に扱うことに、新たなビジネスの種があると思います。

 例えば最近では、インターネットで最もよく売買される商品が「ホテル予約」だと言われています。一時、旅行業界では「インターネット=中抜き(ホテル直予約)」と恐れられたものですが、やはり旅の窓口に見られるように、総合的な情報を扱うサイトが強いようです。
 それにテレビの旅番組や旅行情報誌はインターネットが一般化した今でも衰えを知りません。本の世界でもアマゾンドットコムと実店舗とは、その果たすべき役割が違うのです。この結果は消費者の皆様が情報化社会の中で上手にツールを使い分けていることを示しているようにも思えます。

 さらに今後はデジタルテレビの登場で、番組のコンテンツ(中身)が不足することも明らかです。
 専門的強みを持つ旅行代理店はそのノウハウとネットワークを活用し、こうしたコンテンツ提供も可能性もあるのではないでしょうか。当店のキャッチフレーズは「田舎専門・過疎地専門」ですので、その強みを上手く発揮していきたいと思います。

 小グループの旅は団体ツアーと違い、ほどよい旅情と友情が感じられます。
 つばさツーリストでは人と人のふれあいを提供しつつ、ビジネスとしても成り立たせるために、今後も新たな取り組みを模索していきます。

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-7営業日報

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.