クラフトという言葉

更新日:


 最近の体験ツアーブームでやたらとクラフト体験だとか、そばうち体験だとか書かれたパンフレットを目にします。「クラフト」と一言で言ってみても色々な種類があるのに、パンフレットを見た私たちはどれも同じようなものをイメージしてしまいます。
 
 要するに、私は
 「クラフト体験って、ありきたりだよねぇ・・・。」
 と、お客さんに言われたくないのです。

 たとえば室生村の「みみずく工房」さん。
 流木をうまく使って「みみずく」専門の工房を開いておられます。

 すごく手の込んだすばらしい作品もあれば、この玄関のみみずくのようにちょっと目を付けただけの簡単(失礼!)なものまで揃っています。

 私はエコツアーの時には、ここで頂いた「ふく郎」バッジを胸につけています。
 「みみずく」なので「ふくろう」です。
 ほんのちょっと手を加えただけのシンプルなものですが、「目に使う木の枝などのパーツを、どの位置に付けるのか」ということを変えるだけで、とても豊かな表情になります。

 クラフト体験という言葉だけで「どれも一緒」と片付けてほしくない今日この頃です。

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.