イカダの乗り方と志古淵神社

投稿日:

今日はイカダの乗り方をレクチャーします。

どなたでも一度や二度はイカダに乗ったご経験がおありかと思いますが、私は15年ほどイカダに乗ってます。けっこうベテランだと思います。

立たない

どうしてみんな、イカダに乗ると立ちたがるのでしょうか?

カッコいいからですかねえ・・・ハア・・・

イカダは座って乗るのが原則です。

ゴムボートに立って乗ります?

カヌーで立ちます?

立たないでしょう。イカダでも立たないです。

 

人間は2本の足で立つ時、左右どちらかの足に体重をかけています

なのでイカダの上で立つとイカダが傾くのです。安定しません。

ゴムボートの上で立ってるところを想像してみて下さい。ね、ひっくり返るでしょ。コワいでしょ。

だからイカダには立たない。座ります。

どうしても立ちたい場合は、丸太を組んだイカダの上に板を敷きましょう。圧力が安定しますので立って乗れます。

 

漕がない

イカダを操作するのはオールではなくです。

正式名称は棹(さお)と言うらしいですが、めんどくさいので私は棒(ぼう)でいいです。

竹でも木でも鉄でもいいです。棒は。

んで大事なことは漕がないこと。

かりに船のオールとか、カヌーのパドルとか持ってても漕がない。ってかイカダは重いので漕げないです。

なので棒で突っつくのです。岩や川底を。

 

最後に説明しますがイカダって本来の目的は人間を運ぶためではなく、川下の町へ材木を運ぶためのものです。

ですから川を下るのがイカダの本来の仕事。海で遊んだり川を逆登ったりはしないのです。川下り専用。

イカダは川の流れに沿って下っていきます。

操作方法はイカダが回転しないように向きを真っ直ぐ維持することと、川の上の大きな岩だとか川底の地面と突っついて方向転換するだけで良いのです。

漕ぐ必要はないのです。どうせ重くて漕げないです。

 

後ろ重心

一人で乗っても二人で乗っても、なるべくイカダ後方に重心を置きましょう。

大人と子供が二人で乗る場合、「大人が後ろ、子供が前」です。

イカダの推進力が増すことと、浅瀬でイカダのお腹が川底に引っかからないようにするためです。

わかりますよね。イカダの前が沈んでるとイカダが安定しないって意味ですよ。

 

この場合、さっきの棒の操作はイカダの最前列に座っている子供さんが担当するべきなんですが、なかなか難しいです。

後ろの大人が操作することになります。

 

棒の突っつき方

イカダの向きは川の流れに沿って平行をキープしないといけません。

よくあるのがクルクル回るケース。これはカッコ悪いです。笑

棒で突っつくのは基本的にイカダの前方です。

イカダの後方を突っつくとイカダはクルクル回ってしまいます。

んで、イカダを大きく曲げないことも重要。これもクルクル回ります。笑

早めにちょっとずつイカダの向きを変えましょう。

障害物(川に浮かんだ岩など)をかわせたら、すぐにまたイカダの向きを平行に立て直します。遅れるとクルクルですよ。笑

 

お子さんが前で、お父さんが後ろに座っている時は、後ろのお父さんが前のお子さんの頭の上から棒を操作します。頭を叩かないように気を付けて下さい。

 

イカダのルーツと志古淵神社

ちなみに日本のイカダのルーツは豊臣秀吉であると言われています。←諸説あります

織田信長の命令でお城を建設する時、秀吉が山で切った木でイカダを組み、お城まで運ばせたとかなんとか。←見てません

 

川の上流では下流に比べ水量が少ないため、昔の人は川に堰(せき。ダムみたいなもの)を作って水を貯めたそうです。それでドバッとイカダを水で流したのです。凄いですね。私はこれはやったことありません。

当時のイカダはほのぼのしたイカダではなく、4メートルの丸太でイカダを組み、それを何艘も連結して川を下っていました。

和歌山県の北山村のイカダ下りがそのイメージです。

むろん死ぬ人もいたそうです。

命がけの仕事を終えたイカダ乗りの男たちは、町で材木を売ったお金で女を買って楽しんだそうです。←見てませんよ

 

自動車が普及する昭和30年代までイカダは現役。材木を運んでいました。

今ではトラックとヘリコプターで材木を運ぶのが一般的です。

 

私は滋賀県の朽木村でイカダのことを教えてもらい、安曇川町のイカダ祭りが廃止された後、2005年につばさプロジェクトのイカダツアーを始めました。

つばさプロジェクトのツアーは穏やかです。だって死にたくないんだもん

 

シコブチ神社という名前の神社が朽木と久多に7つ残っており、ここは志古淵さんというイカダ名人の名を借りたイカダ乗りの安全を祈るための神社です。

久多 思古渕社(志古淵神社)
小川 思子淵神社
坂下 思子渕大明神
坊村 信興淵大明神
梅の木 志子渕神社
岩瀬 志子淵神社
中野 思子淵神社

このようになぜか漢字はまちまちです。テストに出るのでしっかりと憶えてください。私は憶えてませんけど。

参考:Wikipedia「七シコブチ」

おしまい

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-5しおり

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.