炭火の後片づけ[バーベキューのコツ]

更新日:

楽しくバーベキューやキャンプを楽しんだ後はしっかりとお片付けをしないといけません。

炭火の片付け方

燻っている炭火に水をかけるのは厳禁です。

表面は消えたように見えても中が燻っていることがよくあるため。

「ならバケツの中に炭を入れればいいやん!」

ってそれもそうなんですが、んじゃバケツに残った真っ黒い水をどうすんの?

そこらへんに捨てたら周りを汚してしまいます。

炭は土に還りません。

「でも灰は還るやろ?」

って言われても、素人さんは絶対消し炭を残すんですよ。難しいのです。

 

なので一番ラクで安全な方法は炭を全部燃やしきること。

美味しく焼くコツの項で説明しましたが、炭は弱火でいいんです。美味しく焼けるし、片付けもラクだから。消火も早い

確実に間違わない方法は炭を全部焼ききって灰にする方法です。

約1時間で消えます。心配な方は2時間置きましょう。それでもまだ燻っているなら、それは炭の使いすぎ。美味しくないし(←焦げるって意味)、片付けもたいへんです。消火に3時間かかりますからね。

 

キャンプ場に灰を捨てていい場所がない場合は当然灰を持ち帰ります。

ゴミ袋でOKです。心配な時はアルミホイルに包むといいでしょう。

テキトーに捨てて帰るのは絶対ダメ。ご自宅で捨てて下さい。

ちなみに京都市の場合、アルミホイルも灰も「燃えるごみ」です。各自治体で違いますので要確認です。

 

お金のある方は消し壺とか、燃えにくいバーベキュー用のアルミホイルとかも売られています。

これらも便利ですよ。私は使ったことありませんけど。
 

 

食器や網の洗い方

キャンプ場で洗い場があればそこで洗ってオッケー。

しかし川や海でバーベキューした時は、洗い場などありません。どうするか?

川で洗っちゃダメですよ。

「お茶くらいええやん。ビールはダメ?」

ダメです。米粒もダメ。

土に還るとかそういう問題じゃありません。マナーです。来た時よりも帰る時の方がキレイに。一般常識です。

 

お皿類

紙皿や紙コップはできるだけ重ねて捨てればコンパクトになります。

食器やお箸などはティッシュかキッチンペーパーで拭き取ります。洗剤で洗うのもご自宅ですよ。川を汚しちゃダメ。

食材

食べ残しはできるだけ食べましょう。マジで人間の胃袋が世界一優秀なコンポストです。笑

どうしても残ったら、コンビニ袋みたいなもので密封してからゴミ袋に入れましょう。いきなりゴミ袋だと帰りの車中が臭いますから。

バーベキューコンロ

バーベキューコンロは洗いません。灰を落として帰るだけ。

汚いかもしれませんが、コンロを洗っていい場所がない場合は洗えません。諦めて下さい。

ティッシュで拭くくらいはOKです。

これも意見が分かれるところですが私は洗いません

なぜか? 洗ってもムダだから。笑

金だわしとクレンザーで1回1回キレイにしてもいいんですが非常に面倒くさいです。シンクも油汚れでドロドロになります。

なので現場で網を空焼きしてできるだけ網の油汚れを焼いて落とします

後はほったらかし。サビ止めになって良いくらいですよ。笑

「汚いのはヤダ!」

って方はクレンザー(研磨剤)と金だわしで洗って下さい。シンクドロドロです。笑

あと邪道ですけど1回で網を使い捨てる人も少なくありません。次は新品を持ってく人。今の焼き肉屋さんの網は全部使い捨てだそうです。

マナー違反ではありませんけど、私は勿体なくてそんな真似はできません。

 

おしまい。

もくじに戻る

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-5しおり

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.