登山の歩き方

投稿日:

疲れにくい登山の歩き方を紹介します。

山を登るのに必要なものは体力ではありません。ちょっとした技術とコツなのです。

登りと下りの歩き方も全く同じですよ。

1.登る時は前足重心

前足に体重をかけて登ることが基本中の基本です。

実はスポーツマンタイプの人ほどこれが苦手です。

人間は速く走る時、後ろ足で蹴ってダッシュします。

でも山を後ろ足の力で登ると非常に疲れます。

なので基本は前足に体重をかけて登ること

 

簡単ではありません。最初は違和感を感じます。

前足重心で歩くコツは後ろ足をそっと持ち上げること。蹴らない。後ろ足はそっと持ち上げるだけ。

すると自然に前足に体重が乗ります。

登りで非常に疲れにくくなります。

前足重心をマスターできればたぶん2倍くらいの距離を登れるようになります。←独自の調査

リーダーダンジョーはこれを「抜き足差し足」と呼びます。

サブリーダーコシミチは「ひょこひょこ歩き」と呼んでます。前足重心の歩き方。

 

2.かかとをしっかり付ける

ダッシュ系のスポーツではかかとを地面に付けません。

つま先体重の方が素速くスタートを切れるからです。

でも登山はダッシュ系のスポーツではありませんよね。

かかとを地面にしっかり付けて登りましょう。

 

想像してみて下さい。

延々とつま先立ちで階段を登るところを。

ゾッとするでしょう。笑

想像しただけで足がつります。

でもこれをやってる方が非常に多い。イメージでは80%くらい。

力を入れたり、瞬発力で登ろうとする時、人間は本能的につま先立ちになりやすいのです。

 

登山靴は靴底全体に滑り止めのゴムが装着されていますよね。

これを活かさない手はないのです。

つま先しか使わない登り方では滑るのです。

小さな足場ではつま先立ちでやむを得ません。しかし基本は足の裏全体で着地しましょう

登りも下りも同じです。かかとをしっかり付けましょう。

 

3.最適な歩幅

最適な歩幅は自分に合ったものを見つけましょう。

歩幅が小さければ小さいほど疲れにくいわけではないですよ。

ほとんどの人の場合は自分の肩幅くらいが山を歩くのに最適な歩幅です。

ビックリした人は一度試して下さい。

前足重心で歩く時、肩幅くらいかまだもうちょっと広いくらいが一番疲れず登れますから。

登りはもちろん、下りも肩幅くらいが最適なのですが、下りは転ぶとケガしますので怖い場所では小股で小さく歩いてもいいです。安全第一。

 

わたしゃ歩幅が広いと歩きにくいんじゃ!

と言い張る方は前足重心ができていないからです。

それは疲れる歩き方です。パワーで登っておられます。

勿体ないし楽しくないです。

山の歩き方と町の歩き方は完全に別物です。

私は山と町では歩き方を変えています。

おしまい

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-2登山, 5しおり

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.