[バーベキューのコツ]持って行くもの(食材選び)

更新日:

バーベキューのコツ。

持って行くものと食材選び。日帰りデイキャンプの場合。

持って行くキャンプ用品

■必須

バーベキューコンロ、網、木炭、ガスバーナー(前回言いました)

軍手、うちわ(←忘れやすい)、トング(※)、火ばさみ(※)、

クーラーボックス、コップ、お皿、お箸、テーブル、イス

包丁、まな板、ゴミ袋、新聞紙、ティッシュ、食材、調味料

※ちなみにトングってこれです↓

※火ばさみはこれです↓

うちわは絶対忘れちゃダメ。忘れやすいのでよく新聞でパタパタやってる人を見ます。笑

紙コップや紙皿は便利ですけど風対策をキッチリと。

キャンプ場や川の周辺で紙皿を風に飛ばされても知らんぷりしてる人が本当に多い。完全にマナー違反です。

私は子連れで行く時は、風で飛ばないプラスチック製のを持って行きます。んで重ねられるモノ。持ち帰りがラク。

洗うのが面倒くさそうって思いますけど、ティッシュで拭けば案外ラクです。

調味料は塩コショウと醤油があると非常に便利。何にでも合います。日本の味。

焼き肉のタレはニンニクの利いたものがアウトドア感を増してくれます。笑

 

■あると便利

段ボール箱・・・荷物の持ち運びに。台車を持ってく人も多いけど案外役に立ちません。地面はコンクリートじゃないため。

テント・・・暑いから日よけ。

レジャーシート・・・何かと重宝します。

たわし・・・洗い物用。我が社でお買い求め下さい。笑

サランラップ、アルミホイル、お鍋、やかん、フライパン

携帯の充電器とかラジカセとかは私は持っていかない主義です。

 

食材選び

■牛肉

定番ですね。焼き肉用の牛肉も美味しいんですが、ステーキ肉も男のロマン。

肉切り包丁でカットして、ミディアムレアの断面を見せると盛り上がります。笑

国産A5肉でもいいんですが、オージービーフでも美味しいです。野生の味。

■鶏肉&豚肉

鶏と豚も美味しい。そして安い!

焼き肉用の厚手の豚肉は塩コショウがマジうまし。炭火の魔力。焼き鳥屋のイメージですよ。

鶏肉は下味付けて持ってくとなおうまし。唐揚げ味とかカレー味とか。

■麺類

定番は焼きそば。でも焼き肉でコッテリしてる時はサッパリ味の塩焼きそばもイイです。

私はケンミンの焼きビーフンに一時ハマってました。

30歳を超えるとソース焼きそばは疲れるんです。ビーフンはヘルシーな上に醤油味です。

コストを抑えたい時、私は一品目にソース焼きそばを出します。笑

■海鮮

イカとかエビとかホタテとか。夏は絶対サンマ。メチャうまです。

女性や大人には人気ですが、子供にはイマイチ不人気です。笑

スーパーで安売りされてる鮭のアラもウンマイ。塩味でどうぞ。

■魚の干物

これは絶対オススメ。ほっけもいいけど、あじの干物でも抜群に美味しい。

普段炭火で魚の干物焼かないでしょう?一度ご賞味下さい。超オススメ。

お魚嫌いのお子さんもお魚好きになってくれるかもしれません。

■椎茸

キノコではなくピンポイントで椎茸。笑

できれば肉厚のモノ。これも椎茸嫌いが好きになるほどウンマイです。

■生野菜&サラダ

焼き肉と焼き野菜ばっかりでは女性にモテませんよ!

レタスとかトマトとかキュウリとか。

あと嬉しいのはポテトサラダ。これを持ってくと女性にモテます。笑

カボチャを湯がいて潰しただけのマッシュカボチャもかなりモテます。

■汁物

スープもできれば手作りしたいところですが、インスタント味噌汁でも十分。

女性にモテるには(←もういい?)JALのコンソメスープ。

こちらも味噌汁よりアウトドア感が増します。

■デザート

こちらはテキトーでいいでしょう。笑

フルーツもいいし、フルーツゼリーもいいですよ。

ご自分が焼き肉屋さんのシメに注文するものでいいんじゃないでしょうか。

 

次の記事「火のおこし方」  |もくじに戻る

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-5しおり

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.