鳥取砂丘とナスカの地上絵

更新日:

毎年12月に開催されてきた「鳥取砂丘イリュージョン」が今年を最後に終了するそうです。

2週間にわたって、夜の砂丘をライトアップしたり、イベントを立てたりして、かつ入場料は無料。

そりゃあ主催の方々は疲れますよね。

10年以上続いてきたイベントでしたが、お疲れまでしたと言いたいです。

 

ところで鳥取砂丘って広いですよね。

まさに砂漠のよう。

しかし駐車場から歩いて行ける「あの広い砂丘=鳥取砂丘」ではないんです。

東西16㎞、南北2.4㎞の広大な砂漠で、いわゆる観光地として知られるあの「砂丘」の周辺の道路や畑の下も「鳥取砂丘」なのです。

って、私もこないだの大山ツアーで初めて教えてもらったのですが。

「これが砂丘かあ、でっかいなあ」と思っていたのは、鳥取砂丘のほんの一部(たぶん全面積の一割以下)だったのです。

うわっ面だけ観光しててもあきまへんな・・・もっと勉強せな。

 

恥ずかしながら、ペルーにある「ナスカの地上絵」も1枚じゃないって、今日知りました。

あの有名な鳥の絵よりも大きいものがいくつもあり、絵が70点、模様は700点、直線は1万本もあるのだそうです。

 

今月のトリビアでした。

 

.

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.