幅員減少 ~負のスパイラル~

更新日:

7年ぶりの道路標識シリーズ行きます。

今日は「幅員減少」について。

ふくいんげんしょう、と読みます。 ふくいんを「はばかず」と読む人もいる。

 

以下本題。

 

田舎の車道で、対向車との離合が困難な場所ってありますよね。

ある、というより大半がそう。

久多なんて離合できる場所のほうが少ない(!)のでは・・・

 

逆に言うと、田舎の人は離合が上手い!

皆さんが離合できるポイントを分かっているので、そこで上手に待っています。

たいてい相手を優先して、自分は待っています。

パッシングライトをして、対向車に「お先にどうぞ」って知らせたり。

待つほうがスムーズなのです。

自分も早く通過できるのです。

 

翻って、町では・・・

 

おっと対向車や。先行かしたろかな。 (停車)

え、そっちも止まってくれたん? ほな俺が先行かしてもらおかな。 (のそのそ動く)

と思たら、あれ、今度はあっちも動いた。どっちやねん! 行くんか、行かへんのか。 (また停車)

なんや、やっぱり来えへんのかい。ほんなら先行かしてもらうで・・・ (いよいよ動く)

うぎゃー、なんでお前まで突っ込んでくんねん!! (そしてバック後退)

 

ということがたまにありますよね・・・

 

町では自分も急いているのかも。反省しよう・・・

 

 

路上駐車や電柱のある道でも、対向車が来た時・・・

タイミングが合わないと、一番狭くなっている箇所でわざわざ離合することがある。

これむかつく。 いや、半分は俺のせいやけど。

こういうスパイラルに陥るの俺だけかなあ・・・

 

 

.

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.