大阪のハナシ

おはようございます。

なんだか最近インターネットでやたらと「ドーハの悲劇」って見出しが目立つと思ったら、あの試合からちょうど20年が経ったのだそうです。

 

ドーハの悲劇とは、サッカー日本代表がワールドカップ初出場を「残り時間あと5秒」というところで逃した伝説の試合のこと。

いやー私も見てました。

夜中の12時くらいでしたかね。

 

日本代表の選手たちはその瞬間、絶望でグラウンドに倒れこんでしまいました。

私は「まだあと10秒ある!」と思って見てました。

まあ、外野がそう思ってもどうにもならないですけど。

20年前のその時、私は「福田と武田を走らせて、放り込め!」と叫んでましたね。

 

とにかく1993年のあのドーハの悲劇があって日本のサッカーは大きくレベルアップしました。

そして1998年、日本代表チームは私が尊敬する中田英寿を擁して初のワールドカップ出場を果たします。

そして今度は三浦カズの代表落選など・・・

カズはこの時の悔しさが45歳の今も現役でいられる力になったと語っていました。

挫折はエネルギーなのか。

試練は乗り越えられる者にしか訪れないのか。

 

 

・・・。

 

まあ今日は何が言いたいかと言うと、大阪で11年つばさプロジェクトの仕事をやってきましたが、このたび正式に本社住所を京都市に引っ越すことになったという話です。

常連さんや関係者の方はすでにご存知なのですが、実は3年前から私は京都に住んでいました。

その間もつばさプロジェクトの事務所は大阪府の八尾市のままで残しておりましたが、いよいよいろんなことが不便になってきたので、事務所の住所も京都市に変更します。電話はIP電話なので変わらずです。

 

まあ、たいした話じゃありません。

京都に住むことになっても、私も大阪人としての誇りを持ってやってきたので、魂みたいなものは向こうに置いてきたと思ってるんで・・・

 ↑ カズの名言。これが言いたかっただけ。

 

 

今日の写真は大和川の河川敷です。

土日は柏原市役所に車を停めて、徒歩で河川敷に降りられます。

(平日は停めたらダメですよ。市役所のお仕事があるので)

 

今度は京都の鴨川まで歩いて行ける場所に引っ越します。

京都の話は明日の朝やりますね。

 

 

.

-7営業日報

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.