琵琶湖のハナシ

更新日:

先週も琵琶湖で婚活イベントを開催しました。

関西に住んでいると奈良や京都の神社仏閣をあまりありがたく感じなくなりますが、もちろん世界遺産ですし、確実に世界トップクラスの観光名所でもあるわけです。

 

同じことが琵琶湖にも言えます。

海のように広大で、生態も多様です。

世界遺産登録されても不思議ではないと思います。

 

しかし富士山の時もそうでしたが、琵琶湖にも環境問題と課題がたくさんあります。

まずはブラックバス問題。

それに水温上昇による琵琶湖の酸素濃度の低下。

私も湖底の調査ロボットを見に行ったことがありますが、酸素濃度が低下すると当然生態にも影響があります。

 

それから水鳥のカワウの繁殖も地元漁業に打撃を与え続けています。

カワウは鮎を食べますので、養殖業者に打撃を与えます。

また竹生島に代表されるように、その「糞害」も環境に悪影響を与えています。

 

今日の写真はたぶん「鴨」です。カワウかなと思ってシャッターしたのですが・・・

湖北では毎年10月ごろになると白鳥もやって来ます。

 

私も湖西地区での川遊びや雪遊びの体験ツアーで、川や水のお世話になっています。

川の水がきれいなのが当然だ、それが自然だ、と感じるようになってきましたが、実はとてもありがたいことなんですね。

 

私が滋賀県で自然と田舎のツアーを始めたのは11年前ですが、それ以前からも滋賀県民の環境問題に対する意識の高さはダントツで日本一だと一目おいていました。

それはやはり琵琶湖の存在。

身近に世界有数の美しい湖があることで、市民の環境配慮への意識は群を抜いて高いです。

 

京都、大阪も琵琶湖の下流域ですが、やはり滋賀県民の環境意識にはかないません。

琵琶湖はそういう意味でも世界遺産にふさわしいと思います。

あ、でも世界遺産にならないほうが琵琶湖のためにはいいのかも・・・

 

.

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.