高くていいもの

更新日:

先日、大阪・梅田にあるグランフロントに行ってきました。

行ったと言っても、「仕事のついでに寄った」だけで、あまりじっくりとは見ていないです。

 

私の第一印象は

「ちょっと大阪のお客さんにはうけへんのちゃうかなー」

です。

関係者やファンの方にはスミマセンが・・・

 

何ていうか、とても洗練された都会的・東京的な雰囲気なんですよね。

厳選した品質の良い商品もたくさん並んでいました。

今年42歳、本厄の私には今の若い客層のニーズはわかりませんが、過去の経験上、大阪人に「高くていいもの」はイマイチ馴染まないんですよね。なんとなく。

 

大阪人の好みを分析すると、

安くていい物>安くてそこそこの物>高くていい物≒安くて悪い物

ぐらいの順番だと予想します。私の感性では。

 

そもそも梅田の北ヤードって、大阪人にとっては鬼門中の鬼門みたいなロケーションなんですよね。(このことも口に出したら、関係者の皆さんに怒られちゃいますが)

 

梅田北ヤードとはJR大阪駅の北側(というか北西)一帯のことですが、実は大阪の人の流れ(導線)はJR大阪駅から南東側に集中しています。これは阪急電車と阪神電車の駅がJRの東と南に位置しているからです。

難波や淀屋橋に繋がる地下鉄・御堂筋線もJRの東側。

人の流れが南と東に集中するので、百貨店やオフィス街も駅の南東に発展しました。

 

大阪駅の北側は10年前にヨドバシカメラが来てから少しにぎやかになったものの、今では幻となったゴルフドームのころまでは本当にさびしかったものです。

積水ハウスが建てて、自らも本社を置く「梅田スカイビル」も20年前。

竣工当初は展望台への長蛇の列がアツかった。

が、今ではすっかり落ち着いた大人の雰囲気を醸し出しています。

そう言えば、阪急の赤い観覧車も15年前のオープンです。

あの頃はカップルで盛り上がりに盛り上がっていました。

私も行きたくてしょうがなかった記憶があります。

でも、今ではすっかり落ち着いています。

 

・・・、思い出話が長くなりました。

 

このように、大阪人は「新し物好き」であり、飽きっぽいのです。

ヨドバシは安くていいものを売っているので、今も繁盛しています。

ヨドバシは立地が悪くても、わざわざお客さんが足を運んでくれるのです。

 

グランフロントも駅の南側にあれば長持ちするかも、と思います。

いや、でも、阪神の地下街ディアモールもイマイチか・・・

ついに大阪にはオシャレと洗練は馴染まないのか。

 

 

もうこうなったらいっそのこと、十三の居酒屋さんや天六の商店主さんに頼んで、屋台村でもやってみたらどうですかね。

うん、それはいい。

いつか自分で企画してやってみよう。

 

.

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-7営業日報

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.