蒲の穂

更新日:


 
 今日の写真は蒲(ガマ)の穂。
 水辺に生える高さ1.5mほどの草です。

 蒲という字は布団(ふとん)の蒲(ふ)でもあります。布団は蒲団とも書く。

 特徴的な白い綿は超巨大なタンポポというイメージで、写真の綿の部分は12~13cmほどありました。

 昔の布団には実際にこの蒲の綿が使われていたので、蒲団と書くのだそうです。

 さらに日本神話の「因幡の白兎」では、サメを騙したために自分の皮を剥がされた白ウサギがこの蒲の穂で自分の毛を直したという言い伝えが残されています。

 ちょっと豆知識。
 
 綿の部分はタンポポと同じように種が付いていました。
 タンポポのように種を飛ばして遊ぶのも楽しかったです。

 

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.