夏の草刈り

更新日:

 夏です。夏休み。

 今日の写真は朽木村の針畑川。

 川に潜って魚を追いかける子供たち。

 毎年言ってることですが、この川原の草刈りは地元の皆さんがボランティアで整備してくださっています。遠いところまで遊びに来てくれるお客さんのために。

 室生村の川遊びでも、久多川のひっかけ体験でもそうです。

 夏は川原だけじゃなくて、畑も草刈り、道路も草刈りです。

 地方は疲弊しているとか、自由に使える財源が少ないとか、それもまた真実なのでしょうけど、お金がないと何もできないって発想は持たない方がいいと思います。
 学者や政治の世界はともかく、市民レベルではお金をかけずに実現できることがたくさんあると私は思うのです。

 「お金がないから、みんなで助け合って、何かをやり遂げるのが感動じゃないですか」
 by つばさプロジェクト・ザ・ムービー

 他人のために草刈りしてくれる人たちの苦労って、値段つけられないです。

 夏の草刈りなんて、誰もやりたくないですって。

 それを村のために、お客さんのためにって、みんなで力を合わせている地域の結束力って、値段や数字で評価できないと思うのです。

 7年前にイギリスで視察した「地域戦略パートナーシップ」によるまちづくり政策、あれからどうなったのかなぁ・・・

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.