MAJOR

更新日:


 
 メジャーと聞くと、野球大好きの私はアメリカ大リーグを連想しますが、そういえば小学校の時にも習いましたね。

 小学校で習った「メジャー」とは中東の石油を買い占め独占していたアメリカやヨーロッパの大企業群のこと。このメジャーに対抗し、石油の生産・販売する権利を取り戻すため、中東の国々が集まってできたのがOPECです。

 日本で言うところの高度経済成長期は1950年代。この頃は世界でも石油の需要が高まり、こうした世界の大資本が石油の採掘、精製、販売までを牛耳っていた時代があったのです。

 で、私は最近「水メジャー」という言葉を初めて耳にしました。やしきたかじんの番組で。

 世界全体でも近い将来、必ず慢性的な水不足に陥るので、既にアメリカ企業などが発展途上国に浄水場を建設したり、水道管の整備などを行っているそうです。
 
 水までお金で買うとは、恐ろしい時代になりそうですね。
 
 まあ、確かに日本もここ数年、ガソリン1リットルよりも、水1リットルの値段のほうが高いってケースも時おり見受けられます。

 私がいつも川遊びをさせていただいている久多川や針畑川も琵琶湖の源流です。
 山水の湧いているところにも、私はよく村の人に連れて行ってもらいます。

 そこでいつも考えるのは、この水はいつまで飲めるんだろうってことです。

 朽木村のおじいちゃんは、
 
 「ワシが子供の頃、川の水は今の3倍以上はあった」
 「ワシが子供の頃、雪は今の倍以上降っていた」

 とおっしゃいます。

 琵琶湖の水の多くは滋賀県の山間部から流れ込んでいます。
 春の雪解け水なんかも琵琶湖を支える大きな水源です。

 人間の手によって山の木が倒され、ここ数年では外国からの病気やマツクイムシにも悩まされています。

 昨日もテレビを見ていたのですが、倉本聰さんがTBSの番組で「東京の人は、生活必需品の第1位はお金で、第2位は携帯だと言う。何かおかしいんじゃないか?」とおっしゃているのが印象的でした。

 私はこの時、「生活費需品は水と土だ」と思いました。
 番組の中では空気、火、ナイフなんて答えもありました。

 お金は人間が作ったものです。
 神様が創ったものじゃありません。

 ちょっと宗教っぽくなってきそうなのでやめときますが、でもやっぱり一番大切な事ってお金じゃないし、土とお金って繋がってないような気がするんですよねえ・・・
 

 いつかラーメン一杯1万円の時代が来ますよ。
 自分の年収が100万円になった時、あなたはどうやってラーメンを食べますか?

 もちろんお金は必要です。
 でも証券取引所で売買される資本としてのお金と、私たちが汗かいて働いて稼ぐお金とは別物なんですよ。

●エンデの遺言

 「ドイツの手塚治虫」って感じの方。
 3分45秒頃に有名なせりふが登場します。

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.