モンキーバスターズ

更新日:


 
 昨日、和歌山で会議でした。

 会議が終わって、いろいろ四方山話をしていると、区長さんが写真の空気銃を持っていました。

 私はすぐにピンと来ました。

 お孫さんへのクリスマスプレゼント・・・じゃないですよ。田舎の空気銃は。

 猿よけです。

 畑に現れた猿をこれで撃って追っ払うのです。

 村の集会所でマシンガンタイプのエアガンをタタタタタタタッと撃ってみました。

 そんなに威力は強くなかったです。

 弾もプラスチック。

 「こんなんで効き目あるかなあ…」

 「追っ払うどころか、逆に怒ってきよるで」

 「でも軽くて撃ちやすいから、ええのはええで」

 などと、村のおじいちゃんたちは真顔で相談しています。

 10日前にも猟期解禁のことをブログに書きましたが、本当に田舎の獣害はたいへんなんです。

 猿は人間の顔を認識して、区別できるそうです。

 おばあちゃんなら追っかけて来ないから大丈夫とか、爆竹を持った若い人なら逃げるとか、そういう判断ができます。

 「畑にサルが出るから、鉄砲の免許を取ろう!」
 っていう70歳のおじいちゃんも少なくないそうです。

 何か安全にサルを追っ払える方法はないものか。
 少し考えてみたいです。

 モンキーバスターズ・プロジェクト

 
 
 
 犬が一番手っ取り早いのかなぁ・・・

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.