維新の名残


 
 奈良県東吉野村にある「天誅組終焉の地」の石碑と、天誅組のリーダー・吉村寅太郎の墓を見に行ってきました。

 幕末ファンの私にとっては以前から一度行ってみたかった場所です。

 司馬遼太郎の小説では「竜馬がゆく」でも「翔ぶが如く」でも

 「維新などというものは多くの犠牲の上に成り立っている。龍馬や西郷だけの力で成し遂げられるようなものではない」

 というようなニュアンスの文章が頻繁に書かれています。

 そうなんですよね。
 
 一部のヒーローだけで世の中が変わるんじゃないんですよ。

 先人たちの色々な挑戦と失敗の経験があって、ヒーローが生まれる。

 主人公の活躍だけでなく、それ以前に倒れた無名の戦士たちのこともキチンと丁寧に読者に伝えるから、司馬遼太郎さんは多くの人から尊敬されるんですよね。

 吉村寅太郎 辞世の句
 「吉野山 風に乱るるもみじ葉は 我が打つ太刀の 血煙と見よ」

 

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.