方言の話1

更新日:

 今日から2月。

 今日の旭川市の最低気温は-24℃だそうです。

 命の危険(?)すら感じますね。

 有名な話ですが、私、札幌に3年間住んでたことがあります。

 札幌で営業マンをしてたので、今でも雪道や地吹雪が平気なわけです。

 朝7時に会社に到着。
 一晩で積もった車の雪を落とし、フロントガラスにお湯をかけて、空知や後志へ出発。
 それが私の新人時代です。

 
 (イメージ映像)

 北海道の方言で一番有名な言葉は「なまら」です。説明不要。

 私が一番びっくりしたのは「生中」が通用しなかったこと。

 居酒屋で「生中」が通じないんです。10年前の話ですけど。

 あちらでは生ビールを「生」ではなく「ジョッキ」と呼んでました。

 あと、ざんぎ(=唐揚げ)、かすべ(=煮こごり)もわからなかった。

 大好きな北海道弁は「なんもさー」
 女性の場合は「なんもだよー」になります。

 「No problem, don't mind!」
 「別にかまへん、気にすんな!」

 ってな意味です。

 
 アンパンマンの雪だるまも「なんもさー」と言ってるみたいですね。
 勝手なイメージですけど。

 写真は旭川じゃなくて、どちらも先週マキノで撮った写真です。

 ※旭川こぼれ話なんもさの話

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.