合わせ貝

 貝合わせ、貝覆い、とも言うらしいです。

 ハマグリなどの貝殻に、対になる絵を描き、カルタや神経衰弱のようにして遊んだそうです。平安時代に起源があるとか。

 貝殻は一つ一つ形が違うため、必ずその対になる貝殻でしか揃え合わせることは不可能です。
 ゆえに公家や武士の婚礼の時にも、夫婦の絆の象徴のように持ち合ったそうであります。今で言うところの婚約指輪でしょうか。

 写真の合わせ貝は、江戸時代から続くと言う武家屋敷にて撮影させていただきました。

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.