美食探訪

 旅行代理店をしておりますと、各地のいろんな「美味いもん」に出会えます。

 ちょっと前でしたら山菜料理やタケノコをたくさんいただきましたし、猟師さんの仕留めた熊、鹿、猪なんかもしょっちゅういただいております。
 これからの時期ですと採れたての野菜や魚も、普段食べているものとはまるで別な食べもののように美味しくなります。

 でも、私の生涯で一番美味しかった食べものは箕面の森林ボランティアに参加したときに食べた「普通のおにぎり」です。

 しかも、誰も握ってくれないので、自分で握ったおにぎりです。

 もうホントに普通のおにぎり・・・
 いや、それ以下です。
 下手なおにぎりだったので。

 でも、ハードな山仕事の後で、一緒に汗をかいたボランティア仲間と食べたあのおにぎりの味はやっぱり最高でした。

 いわゆる「空腹は最上のソース」ってやつです。

 誰と食べるか、
 誰が作ってくれたか、
 ってことも、美味しく食べるための重要な「ソース」ですね。

 さて、そんな「最上のソース」がなくても、本気で美味しいお店もあります。

 6/17(土)の岬めぐりツアーで訪問予定の中華料理屋さんです。
 ※オーナーさんのご意向で住所や電話番号は公開できません。以前、マスコミで紹介されてお客さんが殺到し、常連さんに迷惑をかけてしまったからだとか。

 奈良市の清澄の里AWAさんもスゴイと思いましたが、この中華料理屋さんも同じくらいすごい。

 自宅を改装した隠れ家風レストラン。
 表札の横にちょこっと店の名前が書いてあるだけ。
 知っている人でないと、ちょっとお店を見つけることはできないでしょう。

 料理はあっさり創作中華のフルコース。
 (もう画面からはみ出ちゃいましたが、一番上の写真がゴマとコーンをまぶしたシュウマイ風海老団子)

 味もスゴかったのですが、それより一同が衝撃を受けたのがこの器(うつわ)です。

 シュウマイ風海老団子の手前の模様、

 これ、

 なんと、

 本物のキュウリと山野草を盛り付けて描かれたものなんです!
 スゴイでしょ、コレ!
 こんなことどうやったら考えつくの!?

 このほか、お店の中にはご主人がチョイスした山野草や、自ら製作された木製家具やアクセサリーなどが飾られていて、とても素敵な空間を演出されておられます。

 いやあ、ものすごい感動でしたよ。

 オーナーの料理の腕前と、それを魅せるセンスに。

 どのぐらい感動したかというと、私が2年間書いているブログの中で最も「行数」を割いたほどです。
 (あまりよくわからない・・・)

 どうしても場所をお知りになりたい方は、17日のツアーでお会いしましょう。
 (結局宣伝)

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.