ハイトリ紙

更新日:


 写真はとある厨房で見つけたもの。
 「ハイトリ紙」と書かれた缶のような物からネバネバシールが出ていました。

 ハイトリ紙って何でしょう・・・?

 正しい日本語はおそらく・・・、いや間違いなく「ハエ捕り紙」のことでしょう。

 岡山県に本社のある老舗企業「カモ井」さんが、70年前から生産されている代表的な商品だそうです。

 大阪にも「きつね」ではなく「けつね」と書かれた、くすんだ色の暖簾を今も掲げ続けるうどん屋さんがあります。
 
 現代風でお洒落なモノも素敵ですが、昔ながらの方言を今も商品名に使っておられる心意気がとても暖かいですよね。

 それに「ハエ捕り紙」は殺虫剤と違い、環境や人間の体にもやさしい。

 現在、日本で唯一の「ハエ捕り紙製造メーカーさん」だそうです。

 

ありがとうございました。
↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

-6田舎の写真集

Copyright© つばさプロジェクト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.