「登山」カテゴリーアーカイブ

青山つばさ登山会

朝の別山
朝の別山

新年度が始まり5日経ちました。一日が早いなー

たいへん遅くなりましたが、2017年度の青山つばさ登山会、活動予定をアップしました。

 

今年で4年目。

今年は「硬派な登山会」を売りにしてやっていきたいと考えています。

 

山をうまくなりたい方、大募集です。

あおやまではありません。せいざんつばさとざんかい、です!

よろしくお願いします。人生が豊かになります!

 

http://www.e-toko.com/alpine.htm

雪どけ

3月21日、初めてまとまった雨が降り、村の雪もだいぶ融けました。

それでもまだ日陰には30cmほど積もっています。

 

山の雪が融け始める時、写真のように木の根元から融け始めます。土よりも木のほうが温かいからです。

同じように田んぼの雪は、稲刈りした稲の部分から穴が開くように融けていきます。写真はないですが、それはそれはキレイな水玉模様が田んぼいっぱいに広がるんですよ。

 

こちらは山の上で見つけたツキノワグマの足跡です。

山にはまだたくさん雪があるというのに、お腹が空いて、もう起きちゃったんでしょうかね。

http://www.e-toko.com/

雨の日の楽しみ vol1

花背峠

2016年4月17日(日)、北山分水嶺クラブ第2回目を開催しました。

京都市北部の花背周辺を歩く北山分水嶺クラブでは、非常に雨の日が多いです。

初心者の方はどうしても雨の日には歩きたくない、歩きにくいと感じられることが多いのですが、青山つばさ登山会では雨の日でも楽しく歩くツアーを開催しています。

 

雨の日には雨の中を。

相田みつをさんじゃありませんが、雨も自然のひとつ。

自然を楽しむ青山つばさ登山会では、雨の日の山行も楽しみましょうというスタイルを貫きますよ。

 

あまりにもひどい降り方の日にはもちろんツアー中止とする場合もございますが、基本的に青山つばさ登山会の山行は「雨天決行」です。

雨の日の自然林では、木々が喜んでいるような気配が感じられ、それはまた趣深いものであります。

 

寺山

別所集落

別所畑

別所集落

 

雨が上がると、これもまた楽しい。

水を吸った緑が、輝くように光ります。

山の空気も、雨で洗われたかのように澄み渡ります。

 

日本には四季があり、山があり、雨がある。

どれも天が与えてくれた「恵み」なのであります。

 

つづく

3/5(土)スノーシュー登山は妙理山へ変更

dsc04729

今週3/5(土)のスノーシュー登山は行先を滋賀県長浜市余呉の妙理山(みょうりさん)に変更して開催します。

予定していた七々頭ヶ岳に雪がなく、今年最後のスノーシュー登山はより雪の多い妙理山に行くことになりました。

 

dsc04722_2

写真は2/28(日)の様子です。

月曜日にも30cmくらい降っていますので、この写真より雪の量も増えていることでしょう。

 

dsc04711

スノーシュー登山は美しい景色が楽しめることに加えて、実は「山の歩き方」のいいトレーニングにもなるのです。

長さ50~60cmのスノーシューを履いて歩くためには、がに股歩きはできませんし、体重移動もバランスよくしないと足元が滑りやすいです。

ですので、冬の雪山でスノーシュー歩きを体験すると、自然と「いい歩き方」ができるようになります。スノーシューを履いていない夏山でも疲れない歩き方です。

 

この機会にぜひ。【ツアー詳細】

 

dsc04707

dsc04739