[青空婚活]Q&Aシャイな男性編 vol3

Q&A シャイな男性編 vol3

「学生前」と「学生後」で「好きになっていく順番」が変わることを知らない男性が多いです。

学生時代は「同じクラスで毎日一緒にすごす」→「あいつ、いいなと思い始める」→「気になって仕方がない」→「ああ、俺あいつのこと好きだわ」の順番。

社会人になると、そもそも「同じクラスで毎日一緒」がなくなります。職場恋愛でも学生時代の「同じクラス」ほど、好きな子と長い時間を一緒にすごすことはまずないでしょう。

ですから、学生後、つまり社会人になってからの男性は

「好きになる」→「デートに誘う」の順番はダメダメです。

逆です。

「デートに誘う」→「好きになる」の順番が一般的です。

 

婚活で苦戦している男性は、ここを間違えている方が多い。

大人になると「約束」をしなければ友達に会うことができなくなります。

一目で相手を好きになることは滅多にありません。

何度かお会いして、お話をして、一緒に時間を共有して、だんだんお互いを知り合っていくのです。「好きになってから誘うもんだろ」と思っていると、いつまでたっても「好きな人ができない」状態で年齢を重ねていくことになります。

 

とにかく、少しでも「いいな」と思ったら、デートに誘うことです。

いえ、いいなと思わなくても一度は誘ってみましょう。

「こいつとメシ食ったってしょーがない」と思って、誘わないとするでしょ。それこそが前述の「好きになってから誘う」行動です。負のスパイラルです。あっという間に歳を取りますよ。

何度も言いますが、「デートの約束」が「全ての始まり」です。好きになるのはその後です。次に会う約束がなければ何も始まらないと胆に銘じましょう。

 

独身男女の場合、「次に会う約束」=「デートに誘う」が最もシンプルです。誘う言葉は「いい店があるんです。今度、一緒にお食事しませんか」でいいと思います。

合コンなどで知り合った場合は、「今度みんなでドライブに行こう」もありですが、あなたが30歳以上の婚活男子なら、グループ交際なんてまどろっこしいことはやめて、1対1でお食事に誘うのがシンプルでべストだと思います。

 

戻る 次へ 目次へ
青空婚活HP

「[青空婚活]Q&Aシャイな男性編 vol3」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です