[青空婚活]恋愛映画・めぐり逢えたら

この映画、見てみて下さい。トム・ハンクスとメグ・ライアンの名作

めぐり逢えたら(1993年)

ラブコメの王道、ど真ん中です。日本でもヒットした名作です。

 

この映画のオープニングでトム・ハンクスは長年連れ添った奥さんのお葬式に参列しています。

そして次の場面ではメグ・ライアンが自分の婚約者を両親に紹介するシーンが描かれます。

しかもトム・ハンクスはシアトル在住、メグ・ライアンはボルチモア。言うまでもなく、アメリカ西海岸と東海岸の果てと果て。

東京―大阪は500㎞。

シアトルーボルチモアは4000㎞です。

この超遠距離の二人が最後には結ばれる、というか「めぐり逢う」わけですが、この映画のトム・ハンクスが絵に描いたような「シャイな男性」で面白いんです。

ある日、彼は親友に「結婚したい」と相談するのですが、ハゲでデブの彼は「間違いだらけの恋愛論」を展開。しかしトムは真に受けてしまう。

バカ笑いの女・ヴィクトリアとデートを重ね、キスをする。

シャイな男性に見てもらいたいのは、トム・ハンクスの「苦悩っぷり」というか「頑張り」です。

まさに「婚活」です。

 

ラストシーンでトム・ハンクスは運命の女性とめぐり逢うのですが、そこはまあファンタジー。

今回ポイントにしたいのはトム・ハンクス演じる「眠れぬ男」の恋愛観と婚活ぶりです。

「大学時代に6~7人」「恋愛と結婚は違う」「完璧な人間はいない」

どこにでもいる普通の男の「正しい婚活のやり方」だと思います。誰でもこうやって恋愛しているんだなあ、と思える映画です。

[青空婚活]Q&Aシャイな男性編 vol3

Q&A シャイな男性編 vol3

「学生前」と「学生後」で「好きになっていく順番」が変わることを知らない男性が多いです。

学生時代は「同じクラスで毎日一緒にすごす」→「あいつ、いいなと思い始める」→「気になって仕方がない」→「ああ、俺あいつのこと好きだわ」の順番。

社会人になると、そもそも「同じクラスで毎日一緒」がなくなります。職場恋愛でも学生時代の「同じクラス」ほど、好きな子と長い時間を一緒にすごすことはまずないでしょう。

ですから、学生後、つまり社会人になってからの男性は

「好きになる」→「デートに誘う」の順番はダメダメです。

逆です。

「デートに誘う」→「好きになる」の順番が一般的です。

 

婚活で苦戦している男性は、ここを間違えている方が多い。

大人になると「約束」をしなければ友達に会うことができなくなります。

一目で相手を好きになることは滅多にありません。

何度かお会いして、お話をして、一緒に時間を共有して、だんだんお互いを知り合っていくのです。「好きになってから誘うもんだろ」と思っていると、いつまでたっても「好きな人ができない」状態で年齢を重ねていくことになります。

 

とにかく、少しでも「いいな」と思ったら、デートに誘うことです。

いえ、いいなと思わなくても一度は誘ってみましょう。

「こいつとメシ食ったってしょーがない」と思って、誘わないとするでしょ。それこそが前述の「好きになってから誘う」行動です。負のスパイラルです。あっという間に歳を取りますよ。

何度も言いますが、「デートの約束」が「全ての始まり」です。好きになるのはその後です。次に会う約束がなければ何も始まらないと胆に銘じましょう。

 

独身男女の場合、「次に会う約束」=「デートに誘う」が最もシンプルです。誘う言葉は「いい店があるんです。今度、一緒にお食事しませんか」でいいと思います。

合コンなどで知り合った場合は、「今度みんなでドライブに行こう」もありですが、あなたが30歳以上の婚活男子なら、グループ交際なんてまどろっこしいことはやめて、1対1でお食事に誘うのがシンプルでべストだと思います。

 

戻る 次へ 目次へ
青空婚活HP

[青空婚活]Q&Aシャイな男性編 vol2

Q&A シャイな男性編 vol2

男女平等は「権利」の話であって、「義務」は男性が背負うもの。

「えーなんでぇ??」とか思ったあなた、ダメダメですよ。

男はつらいのであります。

男女の出会いの場において、男性は積極的にアタックしないといけません。「なんで?」はありません。義務だからです。動物でも昆虫でも植物でも、求愛行為を行うのは必ずオスなのですから。

 

女性は弱いのです。「か弱い」と言ってもいいでしょう。

母は強いのですが、女性は弱いのです。

「俺が守ってやる!」くらいの気持ちを持たなきゃなりません。

というか、持っていて当然、義務なのですから。

「シャイ」と「恥ずかしい」は義務の放棄です。動物失格です。

結婚したくないなら、それでいいですが・・・・

おっとやっぱり、たとえ結婚したくなくても、独身の女性が隣にいたのなら声をかけないと失礼かもしれません。

 

ということで、次回は具体的に女性をどう誘えばよいか書いてみます。

 

戻る 次へ 目次へ

青空婚活HP

[青空婚活]Q&Aシャイな男性編 vol1

Q&A シャイな男性編 vol1
「女性にどう話しかけていいのかわからない」
「どうやって女性を食事に誘えばいいのかわからない」
婚活イベントに参加される男性は「真面目でシャイな方」がほとんどです。いっそ「全員」と言ってもいいくらい。
しかし「真面目でシャイ」というのは独身女性に対して「失礼である」と認識しましょう。

パーティーの席で隣の女性に話しかけないこと
隣の女性に飲み物を勧めないこと
そして、電話番号を聞かないこと

これらは女性に対して「失礼なこと」です。
「男が何もしない」は「悪」なのであります。

恥ずかしいから何もできない。
自分の好きなタイプじゃないから話しかけない。
これは男性の「怠慢」です。

とくに合コン、街コン、婚活パーティ。
何でもいいのですが、独身の女性がこういう場所に参加するというのは男性以上に勇気が必要で、不安を感じながら参加されているのです。
それを男が助けてあげないでどうする!?

男性は隣に座っている女性に安心してもらったり、楽しんでもらえるように努力しなくてはいけません。
男が「恥ずかしい」とか考えてちゃダメです。女性はもっと恥ずかしくて不安なのですから。

戻る 次へ 目次へ

青空婚活HP

コーディネイト例

かまくら2011

雪遊びの装備のお話、最終回。コーディネイト例です。

<1>ベスト(優)

【頭】 帽子

【服】 スキーウェア

【ズボン】 スキーウェア

【手】 スキーグローブ

【靴】 履き口の紐が付いた長靴

帽子は何でもOK。毛糸の帽子、野球帽もOK。耳当ても暖かい。

長靴の「履き口の紐」の有無が、雪遊びの装備では最重要項目。履き口を紐で締められる長靴がベストです。

 

<2>ベター(良)

【頭】 帽子無し

【服】 雨合羽(あまがっぱ) 防水

【ズボン】 雨合羽(あまがっぱ) 防水

【手】 ガーデニング用ゴム手袋

【靴】 履き口の紐が付いた長靴

かっぱでも1日なら何とか遊べます。ちなみに私はこの格好。降ってなければ帽子はなくても可。寒いことは寒いですが。

手袋はこれで十分。安いし。普通の軍手はダメですよ。ゴムなら濡れにくいです。

長靴はやはり紐で締められるタイプが必要です。

越道2008年

 

<3>ぎりぎりセーフ(可)

【頭】 帽子無し

【服】 ジャンパー

【ズボン】 ジーンズ又は作業ズボン

【手】 ガーデニング用ゴム手袋

【靴】 履き口の紐が付いた長靴

大人の方は雪が降ってなければカッパは無くてもかまくら作りを手伝えます。雪が降ってくれば傘が必要になります。

カッパなしでは「雪合戦」と「そりすべり」は無理です。

ここでも長靴は絶対に「紐付き」です。マジックテープも可。とにかくお子様の長靴の履き口に隙間があると、雪がどんどん靴の中に入ってきます! 積雪は多いところで1メートル。少ないところでも30㎝はありますから。

 

<4>ダメダメです!(不可)

【頭】 帽子無し

【服】 ジャンパー、ポンチョ、セーター

【ズボン】 ジーンズ

【手】 軍手

【靴】 履き口を閉じられない長靴、運動靴

見学の大人はこれでもいいです。ただし「傘」は持参しましょう。

お子さんでこの格好ならば、かまくらツアーに参加されない方が良いです。見学すら厳しいです。寒い思いだけをさせられて、お子さんがたいへん気の毒です。

 

手袋、長靴、ウェア(上下)の「3点セット」が「町での普段の格好」と同じでは、雪国で通用しません。

 

雪をさわって遊びたい大人の方は最低でも<3>の長靴&手袋をご用意ください。お子さんならば<2>の長靴&手袋&雨合羽が必要です。

 

かまくら2011

※雪のかまくら作りに必要な装備・目次に戻る

レインウェアの話

装備編、いよいよウェアのお話です。

もちろんベストなのはスキーウェア。

スキーウェア

おすすめ度 ★★★★★

スキーウェアは最強です。新雪の中に両手両足を広げてダイビングする「大の字あそび」をしても顔以外は全く濡れません。雪の中で何をしても許されます。

弱点は値段が高い(5000円前後)、家で洗濯しづらい、普段使いができない、という3点です。

しかしウィンタースポーツを志すお子さんなら、1着持っていてもいいかもしれませんね。

 

次にお勧めするのが雨合羽(あまがっぱ)。

雨合羽

おすすめ度 ★★★☆☆

実は私はこれです。雨合羽。大人用はホームセンターで3000~4000円で買えます。お子さん用はホームセンターでは見つからないかも。ネット通販が便利でしょう。子供用も3000~4000円くらいしそうです。

ただし、こちらは普段使いができるので、今回のかまくらツアーをきっかけに購入しておいても損はありません。amazonで「子供 レインスーツ」と検索するといろいろ出てきます。

ネットで選ぶ際に要注意なのは【防水】【透湿】のウェアを選ぶこと。【防水】は文字通り防水加工施してあり、【透湿】はウェアの中を蒸れにくくする機能です。

選んじゃいけないのが【はっ水(撥水)】です。これは「ちょっと水を弾くだけ」で、雪や雨の日にはほとんど役立たずです。【はっ水】のレインウェアは薄いペラペラ生地なのでポケットサイズに折りたためます。だから便利で売られているのですが、雨や雪の中では20分程度しか耐えられません。

 

最後、たまに見かけるポンチョ。

ポンチョ

おすすめ度 ☆☆☆☆☆

何もないよりマシという程度。見学だけの大人の方には役立つかもしれません。

雪で遊びたいと考えているお子さんにポンチョは厳禁です。

濡れて寒いですし、布がバタバタ広がって危険でもあります。

 

※雪のかまくら作りに必要な装備・目次

雪の手袋のお話

それでは続いて手袋のお話、いきますね。

長靴の時ほどナーバスにならなくていいのが、手袋です。

最悪「素手」でも遊べないことはないからです。

「軍手」はやめましょう。素手よりも冷たいです。

 

ということで、今日も「おすすめ度」順に並べていきます。

スキーグローブ。
81u9k0bRszL__SL1500_

おすすめ度 ★★★★★

スキーグローブは無敵です。雪合戦の球を何個作っても全く中は濡れません。「かまくら作り」に参加されるのなら、ミトンタイプではなく、5本指タイプがおすすめ。

ただし一つだけ注意事項!

「お子さんが一人で脱ぎ着できるかどうか」は非常に重要ですよ。

ご飯食べたり、お茶飲んだりする時に、いちいち「お母さん、手袋とってー」と呼ばれるのは面倒ですからね。

できれば実際にお店で試着できたら安心ですね。

 

 

続いて 私は個人的に推したいのがこれです。

ガーデニング用手袋。
61Ysqvit+aL__SL1000_

おすすめ度 ★★★★☆

こちらはホームセンターで買えます。手袋コーナーにあります。だいたい500~700円。

ガーデニング用手袋は手の平がゴムで、手の甲が「綿」でできています。

何が便利かって、細かい作業ができる点です。手袋を外さずにデジカメのシャッターを押せます。これ結構重要で、お子様の決定的瞬間を逃さず撮影できます。

本来、雪用ではないのですが、10歳以上のお子さんでしたら上手に使えると思います。ホームセンターのゴム手袋はサンプルが試着できますので、ぜひ一度試してみてください。

唯一の難点は「小さいサイズが全くない!」ということです。

女性用の「Sサイズ」までで、それ以下の「子供用、園芸手袋」を私は見たことがありません。

 

 

最後はこちら。軍手。
41FUZl9J5BL

おすすめ度 ☆☆☆☆☆

使用禁止にしようかと思うくらい、雪には通用しません。

まだ素手の方がまし。ツアーの行き帰りに付けるのはよいですが、軍手で雪にさわるのはやめましょう。

 

※雪のかまくら作りに必要な装備・目次

スノーブーツのお話

boots

雪のかまくら作りのお話を、もうちょっと続けましょう。

今度は装備編。

まず長靴です。現場は1mの積雪がありますので、長靴を履かないと雪が靴の中に入ります。

そこでお勧めの長靴をご紹介します。

※写真をクリックすればamazonで詳細が見られます。購入者のレビューも参考にしてください。

71o9Hpjxu8L__SL1500_

このタイプのように「履き口を紐で締められる」のがベストな長靴です。最も雪が入りにくいです。

おすすめ度 ★★★★★

 

 

71oJ+T-IGbL__UL1500_

こういうのも悪くないです。「履き口の紐」はありませんが、口の部分にゴムが入っているのでまあまあ雪が入らないようになっています。

可愛らしいデザインですし、実際よくかまくらツアーに履いて来られるお客さんも多いですよ。

おすすめ度 ★★★★☆

 

 

81ubfV+-BZL__UL1500_

 

こちらは男の子用。紐でなくチャックで締めます。

「履き口の紐」はありませんが、かまくらツアーでお客さんが使用しているのをよく見かけます。よく売れているのでしょう。

おすすめ度 ★★★★☆

 

 

71sb

未就学児のお子様にはこれがベストかと。サイズは13~15㎝。

履き口の紐の代わりにマジックテープが付いています。

おすすめ度 ★★★★★

 

 

72sb

これは100%雪が入ります。運動靴よりは若干マシという程度。

靴下の替えが何足あっても足りません。靴の中自体がびしょびしょになるからです。

しかし普通の靴屋さんではこれしか売ってないことが多いので、やむを得ない場合はこれで。おとなしく雪の上を歩くくらいで、雪合戦やそりすべりでは靴の中がびしょ濡れになるでしょう。

おすすめ度 ★★☆☆☆

 

いかがでしょうか。だいたい価格は3000円前後で多いでしょうか。

amazonなどのネット通販サイトで【スノーブーツ 子供】と検索するといろいろ出てきます。ご参考までに。

安くて普段も使えるものを選びましょう。

 

ちなみに大人用の長靴も「履き口の紐」はあったほうが良いです。

履き口の高さが40㎝以上あれば、紐がなくてもまあまあ遊べますが、柔らかいフカフカの新雪を歩く時には雪が入ります。

靴底は普通のゴムで十分。スパイク無しで十分遊べます。

 

※雪のかまくら作りに必要な装備・目次