その3.まずは雪山を作ろう

雪山を作ろう
雪山を作ろう

いよいよ「かまくら作り」を始めます。

まず直径2m、高さも2mほどの雪の山を作り、後でその山に横穴を掘って「かまくら」を作ります。

このサイズは「大人4人がかまくらの中で座って火鉢を囲める」くらいの大きさです。

雪山はその2で紹介したやり方で、雪のブロックをいくつもいくつも積み上げて作りましょう。

「山を作る」と言いましたが、ピラミッド型の「円錐形」ではなく「円筒形」になるように。←最重要

円錐(△)・・・ダメダメ!

円筒(ロ)・・・バッチリOK!!

円錐形はかまくら完成後の「居住空間」が狭くなるうえ、雪山を積み上げる作業中、せっかく持ち上げた雪ブロックが三角の壁をコロコロ滑り落ちてきて、悲しい目に合います。

円筒形だと「居住空間」も広くとれ、さらに雪を積み上げる作業もやりやすいです。

 

どうすれば円筒形の雪山が作りやすいかというと、雪山の外周から積み上げていくイメージです。

まずは「火山の火口」型と言いますか、「お茶椀」型と言いますか、最初はこういう形(凹)になるよう雪を積み始め、後から少しずつ真ん中を埋めて円筒形(ロ)の山に整形していくとよいです。

子供たちに山を作りましょうと言えば、たいてい△の形になりがちですが、これだと大きな雪山を作るのが少し難しくなります。(できないとは言いませんが、初心者が△の形で積み上げ始めて、ロの形に仕上げるのは少々骨が要ります)

 

目次に戻る

「その3.まずは雪山を作ろう」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です